御朱印帖+”空色”

日本の色から「空色」。

昼間の晴れた空を思わせる、
紫みの薄い明るい青色のことです。
明治・大正以降に文学作品に好んで
使われました。

%e8%a0%95%ef%bd%a1%e8%ad%9b%ef%bd%b1%e8%9c%8a%ef%bd%b0%e8%9f%b6%ef%bd%b3%e7%b9%a7%ef%bd%a2%e7%b9%9d%e3%83%bb%e3%83%b5%e7%b9%a7%e5%96%80_mg_5576
この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • google+