京都の《超有名神社》を少しひねった視点でご紹介

003a_20160111_103727

梅宮大社(京都)の境内にある松の木です。調べてみたところまったく話題になってないのですが、とてもインパクトがあったのでご紹介。

どうですか?この松の木。幹がねじれ上がってクンダリーニのようなじゃないですか!!
(クンダリーニ:ヨガなどで使われる言葉で、人体内に存在する根源的生命エネルギーのこと)

樹皮が巻き上がっていくような感じなっているところはゼロ磁場なんて話もありますが、こちらは樹皮どころか幹がとぐろを巻いてるような感じですよね。
梅宮大社といえば猫スポットでもあるのですが、きっと気持ちが良いエネルギーがあるのでしょうね〜

003b_20160111_131842

神社には許可がないと入れないところがある場合がありまして、その一社、松尾大社(京都)をご紹介。

松尾大社の奥には松尾山がありまして、その奥には巨大が磐座(いわくら)があります。松尾大社はこちらでの祭祀を起源としているようです。

写真にあるのが許可書と地図。入退に時間制限があったり、二人以上でないと入れなかったりします。
磐座は撮影禁止ということでこちらでは公開できませんが、ネットで検索すればどういった感じなのかは知ることができます。でも、実際に足を運んで現場の空気を是非感じていただきたいですね。

003c_20160116_164614

ご存知お稲荷さんの総本社である伏見稲荷大社(京都)。

お稲荷さんは商売の神様の印象が強いかもしれませんが、本質的には五穀豊穣。お稲荷さんで使われる紋には稲が入っていることが多いですね。境内にいらっしゃる狐も稲を咥えてものがありますね。

写真は千本鳥居の入り口。初めの1本の超立派な鳥居は電通さん奉納のものです。写真ではわかりませんが、鳥居を裏から見ると誰からの奉納なのかがわかります。

ゆる神社速報 Suiteとは?

facebookで(だいたい)毎日更新している「ゆる神社速報」の出張バージョンです。

こちらの「ゆる神社速報 Suite」では本家で公開しているものをまとめた形でお届けしています。

管理人が神社を旅している時に(だいたい)リアルタイムでお送りしている「ゆる神社速報 Lite」(インスタグラム)もあります。

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • google+